« 2012年2月 | トップページ

ロック連動ドアミラー格納キットの取り付け(^^)v

1
流行りの第一波が過ぎてずいぶん経ちますが…
ロック連動ドアミラー格納キットを取り付けました。

見てくれはこんな感じです。

ギボシやエレクトロタップは含まれていません(^_^;

エレクトロタップ4つと、ギボシ4セットを準備してください。

機能のキャンセルスイッチが必要な方は、トグルスイッチ等(単純なオン・オフスイッチ)を1つと、ギボシを2セット、適当な配線材を準備してください。
2
運転席側のドア内張を外して作業します。

キットを取り付ける部分のその1
ウィンドウスイッチ裏側の図
3
その2
内張りを外した全体図
4
その3
ロック線がある場所の拡大
5
その4
エレクトロタップで配線

このキットの黄色線にスイッチを挟み込むと、機能のキャンセルができます。
6
その5
ドアミラー格納線と展開線を切断して、ギボシを取り付けます。

ここらへん、何の躊躇もなくちょっきんできるようになれば、あなたも一人前です(^^;
7
その6
キットの配線の先にもギボシを付けて、間違い無いよう気をつけて接続!
8
その7
ここにはエレクトロタップが3つも付くので、ちょっと大変です。
配線を束ねているビニルテープや被服を外せば、もっと楽にできると思います。

1
…で、キットはこのあたりに適当に(^_^;

いくら適当とはいえ、これはあまりにひどかったなと、写真を見て反省。
直すのは、内張りを外す機会があった時に…(^^;
2
キットの配線一覧
3
ドアを閉めてロック! → ドアミラー格納(^^)
車に乗り込みACC! → ドアミラー展開(^^)v

なかなかイイ具合です\(^O^)\/

もともとのミラー格納スイッチも生きてますからご安心を…

ちなみに、キットの黄色線にスイッチを挟み込むと、機能のキャンセルができます。
スイッチの場所はずいぶん悩んだんですが、ココにしました。
携帯ホルダーの陰なので、運転中は目に入らず適当かなと…

これで1980円はお得ですね!
まだの方は、ぜひとも取り付けてみてください(^^)

あと、内張りを外すので、せっかくですから「ぱちぱち君さよなら企画」もぜひとも一緒に施工してください。
これからは、ぱちぱち君の季節ですから…
「ぱちぱち君さよなら企画」は「関連情報URL」からどうぞ(^^)
4
キャンセルスイッチのその他の候補地。
その1

存在感のアピールが欲しい場合、ここはけっこうありかも(^^)v
5
キャンセルスイッチのその他の候補地
その2

目立たずいいんですが、小物の出し入れが多い場合、引っかけちゃうかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズキ ワゴンR 赤外線キーレスの登録方法

1
我が家のワゴンRくんは平成10年のCV51Sですが、特別仕様車なのでキーレス仕様です(^^)v
ところが前の持ち主が肝心のキーを紛失してしまっていて、我が家に来たときには鍵屋さんでコピーしたキーのみでした。
2
うちのRくんにはキーリングにイルミがないので、夜は鍵を差すのに一苦労(メ_メ)
そこで100円で買ってきたLEDを両面テープでぺたり!
たった100円でとっても便利になりました。
3
さて、問題のキーレスですが、Dさんで購入すれば手っ取り早いのですが、かなり高くつきそう…(T▽T)

あまりお金をかけないのが流儀(?)なのでネットを徘徊し、いろいろ調べたところ、なんとか自分で登録できそうな気配(あくまで気配ですが…)を感じたので、一念発起しオークションで「MC11S」用の赤外線キーレスキーを購入しました。
4
「ムチポン」さんの整備手帳(http://minkara.carview.co.jp/userid/135932/car/31977/300150/note.aspx)を参考に登録を試みたのですが、なかなかうまくいかず(ムチポンさんのせいではないですよ)しばらく放置…

試行錯誤の結果、バッテリーのマイナス側を外して数十分放置の後、バッテリーを接続してキーレスのボタンを押したところ、無事に登録できてしまいました(^^)

ヒューズ外しではなくバッテリー外しがキモだったんでしょうか?

実際の登録方法は、次の通り↓↓
5
1、バッテリーのマイナス端子を外して数十分放置。
  (最低どれくらいでいいのかは未検証)
2、ドアを全閉。
3、ドアロックは開いた状態。
4、はずしていたバッテリーをつなぐ。
5、外からキーレスのボタンをポチッとな。
  (ちゃんと赤外線受光部に向けてね)
6、これで、がちゃんとロックがかかる。
7、以後ボタンを押すたびにロック・アンロックが繰り返されれば成功(^^)v
6
…自分はコレでうまくいったのですが、皆さんはいかがでしょうか??

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ