« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

ドラゴンスピーチで特定の語句だけを認識させたいとき

すっかり寒くなってきましたね。
そして…
すっかり御無沙汰しておりました。
特に…
ドラゴンスピーチネタは完全に眠ってました。
ごめんなさい。

さて、過日bohohemi様からコメントをちょうだいしました。こちらです
その中で「私は今、シーマンのようなゲームを作っています。AIとの会話で文章を認識してやりとりしようとすると、非常に難しくなってしまうため、単語だけでの認識にしたいと思っています。前後の部分がないため誤認識がおきやすいのでボキャブラリエディタから不必要な単語を消そうとしましたが、必要不可欠な単語で消すことが出来ませんでした。この登録単語を消す方法はないでしょうか?」との御質問をいただきました。

すごいことに挑戦されていますね!!びっくりです!!

さて、お答えなのですが、削除はできるはずなのですが…????
もしかしてバージョンによっては不可なのかもしれませんね。

それでは必要な語句のみを認識させるボキャブラリデータを作成しましょう。

まずあらたに新規ユーザーをひとつ作ります。
「新規ユーザーウィザード」が立ち上がりますので、「モデル」と書かれた横の「詳細設定」をクリックします。
そこで「ボキャブラリサイズ」を選択する画面が出ますので、「カスタマイズ用」を選択し新規ユーザーを作成します。

こうして作成すると「単語をまったく含まない」ユーザーが作成されます。
つまり、まったく頭が真っ白なドラゴンスピーチができあがるわけです。

これで必要な単語のみを登録していけば、似たような発音で別の語句に誤変換されるということはなくなります

特にbohohemi様のように、単語だけの認識に特化させるにはこの方法がよいのでは…と思います。

ただし、単語の量が多いとけっこう大変になるかもしれませんが、あらかじめテキスト形式に作成して登録すると楽にできますね。方法はこちらですこちらもご参考に

いろいろ挑戦してみてくださいね(^o^)

| | コメント (25) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »