« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

こんどはメモリーの故障かぁ~

私は実はもう一台パソコンを所有しております。
中古で仕入れたNEC LaVieMX LT60T/6というノートパソコンです。
中古屋さんで見つけたのですが、B5サイズであることと、わずか1キロちょっとという軽さに惹かれて、店員とにこやかな交渉の結果、更に1万円引きで買い求めました。
軽い方が出張の時、楽ですからね。

さてこのパソコン、メモリーが標準のままで128Mしか乗っていないんですね。
それで、エクセルなど使っておりますと、かりかりかりかり…

ちなみにこのパソコン、ゲットと同時に流体軸受けのHDDに換装してあるので、実際にはかりかり音はしないんですがね…

ま、とにかくHDアクセスランプ点きっぱなしのスワップしまくりで、そのたびにこちらも思考停止、動作停止、魂抜けちゃった状態…

これではたまらんので、メモリー増設を計画。お得意のヤフオクで256Mのメモリーをゲットしました。

劇的な変化を望んでいたのですが、そんなに劇的ではなく、ま、こんなものなのかなぁ…くらいの感じでした。

最近になって、ちょっと冒険でこのパソコンのOSをXPにしたらどうなるのかなぁ…などとよからぬ思いがムクムクと湧きまして、試しにちょっとインストールすることにしたのです。
ところが何度挑戦しても、途中で魔のブルースクリーン英語の文章が画面一面になんちゃらかんちゃら…

むかっ!!こちとら生粋の日本人でぇい!英語なんか中学1年の2学期で切り捨てた(脱落した)んでぇい!!!

まったく意味わからんが、わからんじゃしょうがないのでとにかく読んでみる。
わかった単語…「memory」と「error」
どうやらメモリーのエラーのようですきっぱり)。英語なんて簡単じゃん(*^_^*)

幸いこのメモリー、Buffaloの製品で、なんと6年間の長期保証付き
やっぱりメーカー品はいいですね。…なんて、普段は安物買いなんですけど…

さっそくメーカーHPにアクセスして修理を申し込んで発送。
修理状況もHPで確認できて、とても安心。

結局わずか5日ばかりで我がメモリーちゃんが帰ってきました。
保証期間中でしたので、修理は無料。こちらからの発送料だけですみました。

わくわくしながらメモリーを取り付け、どきどきしながらXPをインストールしてみたところ、何事もなかったかのようにあっさりとセットアップが完了しました。

XPの劇的軽量作戦を施したのですが、やっぱりちょっと重いなぁ。
結局は元のWindows2000に戻しました。

…で、スワップは解消されたのかというと、う~ん、まだけっこうかりかりいってるなぁ…

今回はオチは無しです(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »