« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

「Windows を起動しています」で時間がかかるとき

お久しぶりです。

私はWindows2000を愛用しているのですが、起動時「Windows を起動しています」と表示される場面で時間がかかりすぎるときの回避方法がわかりましたので、備忘録として書き込んでおきます。

WindowsXPでも、白い横棒が伸びるところで時間がかかりすぎるときには、有効のようです(^_^)

1、「マイコンピュータ」を右クリックして「プロパティ」を開く。
2、「ハードウェア」タブを選択し、「デバイスマネージャ」をクリック。
3、「IDE ATA/ATAPI コントローラ」の左側の「+」をクリックして展開し、「プライマリ IDE チャネル」をダブルクリック。
4、「詳細設定」 タブをクリックし、デバイスの種類が「自動検出」になっているところを「なし」に変更(変更できないモノは仕方がないので無視)して「OK」をクリック。
5、「セカンダリ IDE チャネル」も同様に設定。

これで、不要な時間を短縮できるようです。
いろいろなケース(タワーとかミニとかじゃないよ)があるようですが、私の場合は、かなり短縮でして快適です(^。^)

チョイネタでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »