« 現在の閲覧者数は… | トップページ | 複数ユーザーを作成したドラゴンスピーチを簡単に立ち上げる方法 »

ドラゴンスピーチを違う場所で使うとき

皆さんはドラゴンスピーチをどのような環境で使用していますか?
私は、ノートパソコンで使用しております。ですから、時と場合によって使用する環境(場所)が、職場、自宅、出張先のホテルなどと変わることがあります。

あまり神経質にならなくてもいいのでしょうが、環境によってまわりの雑音などが違うので、それぞれに適したトレーニングが必要かなと(私個人としては)思っています。

前回「ドラゴンスピーチのマイクを変えたとき」で紹介した「再トレーニング」は、マイクやサウンドボードを変えたときだけではなく、まわりの環境が変わって認識率が低下した場合にも有効です。

でも、私のように、しょっちゅう環境が変わる場合、その都度「再トレーニング」をするのでは効率がとても悪いです。
そこで、自宅用、職場用、ホテル用と3つのユーザーを作ることにしました。

まず、ツールメニューから「DragonSpeech」→「ユーザーの管理」で、現在使用しているユーザー名をクリックし、右側の「名前の変更」をクリックし、「職場用」などとユーザー名を変更します。

それからツールメニューから「DragonSpeech」→「ユーザーの管理」で、現在使用しているユーザー名をクリックし、右側の「アドバンス」→「エクスポート」をクリックします。
「フォルダの参照」が開きますので、任意の場所をクリックして「OK」をクリックします。
指定した場所に、ユーザー名と同じフォルダが作成され、その中に、これまで培ってきた、辞書や音声データがコピーされました。

次に、同じくツールメニューから「DragonSpeech」→「ユーザーの管理」で、「アドバンス」→「インポート」をクリックします。
「フォルダの参照」が開きますので、「エクスポート」で指定した場所に作成されたユーザー名(職場用)のフォルダを指定して「OK」をクリックします。
「ユーザー名変更の確認」が開きますので、新しいユーザー名、例えば「自宅用」を指定して「OK」をクリックします。
これで、「職場用」とまったく同じ状態で、新しいユーザー「自宅用」ができあがりました。

これを必要な数だけ繰り返します。

これだけではユーザー名だけはできましたが、内容は元のままですから、次回その場所へ行ったときに、ツールメニューから「DragonSpeech」→「ユーザーを開く」で、その場所のユーザー名(自宅では「自宅用」)のファイルを開きます。
そして「ドラゴンスピーチのマイクを変えたとき」に記載したとおりに、「ツール」→「認識率向上センター」で「トレーニングの追加」を選択し、再トレーニングすればいいです。
これもとりあえずは3~6分ほどの読み上げでいいらしいです。

これで、その場所に適したユーザーファイルができあがりました\(^o^)/

それぞれの場所に移動したときには、ツールメニューから「DragonSpeech」→「ユーザーを開く」で、そこに適したユーザー名を開きましょう。
これで完璧な認識・変換が行われること間違いなしです。

もし、皆さんも場所によって認識率が低いなぁと思われるときには、ぜひお試しください。

まぁ、あまり神経質にならなくてもいいと思いますが、この方法で、これまでの辞書や、データを引き継ぐことができますので、覚えておけばどこかで役に立つかもしれません。

私の場合、普通あまり気にしなくていいことでも、気になり出すと気が済まないという妙な性格(マニア性格?フェチ性格?)のため、こんなことばかりして自己満足(?)しております。

ネタ不足を無理やり補ったような内容になってしましたが…これからもよろしくお願いいたします。

|

« 現在の閲覧者数は… | トップページ | 複数ユーザーを作成したドラゴンスピーチを簡単に立ち上げる方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148756/8170202

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンスピーチを違う場所で使うとき:

« 現在の閲覧者数は… | トップページ | 複数ユーザーを作成したドラゴンスピーチを簡単に立ち上げる方法 »