« 突然ですが… | トップページ | ドラゴンスピーチの認識率の上げ方(ボキャブラリビルダー編) »

ドラゴンスピーチの認識率の上げ方(ボキャブラリエディタについて)

前回はドラゴンスピーチにおける修正の方法について御紹介いたしました。
お気に入りの修正方法は見つかりましたか?
どんどん入力して、どんどん修正して、ドラゴンスピーチを鍛えてやりましょう。

ところで、何度修正しても正しく認識できない語句はありませんか?

ドラゴンスピーチで誤認識・誤変換した語句を修正をすると、それと同時に、認識・変換対象ではない「バックアップ辞書」にあった語句が、認識・変換対象である「アクティブボキャブラリ」に移動するため、それ以降は正しく認識・変換することができるようになります(冗長な文章ですいません)。

ところが「クイック修正」や「修正ボックス」で何度修正しても、再び誤認識・誤変換してしまうのは、実はその語句が「アクティブボキャブラリ」はもちろん「バックアップ辞書」にもない語句だからなのです。辞書になければ認識・変換ができないのは当然なのです。

「余の辞書に不可能の文字はない」とナポレオンが言ったそうですが、ナポレオンは日本人ではありませんのでたぶん「不可能」の文字はなかったのでは…。

閑話休題。
たぶん何度修正しても認識・変換されなかった語句は、ちょっと特殊(?)な語句ではありませんでしたか?
どちらかといえばあまり一般的でない語句は50万語を誇る「バックアップ辞書」にも登録されてないものがあるようです。「バックアップ辞書」になければ当然「アクティブボキャブラリ」にも出てこないわけです。

「文書からの単語の追加」を使用することで、ユーザーが比較的よく使う語句を「バックアップ辞書」から「アクティブボキャブラリ」に移動していることは以前書きましたが(ここです)、実はその時同時に「バックアップ辞書」にない語句は自動的に「ユーザーがカスタマイズした語句」として「アクティブボキャブラリ」に登録されているのです。
ただしドラゴンスピーチはその語句の「読み」がわからないので、空欄のまま登録しているという片手落ち(?)があるため、実際にはうまく認識・変換できない場合が多いようです。

それでは実際に、「バックアップ辞書」にない語句や、入力音(読み)が空欄のままの語句を、きちんと登録してみましょう。
まず手始めに現在の「アクティブボキャブラリ」にどんな語句が登録されているか見てみましょう。
ドラゴンバーから「単語」→「単語の表示/編集」で「ボキャブラリエディタ」が開きます。
そこに表示されている語句が現在の「アクティブボキャブラリ」のすべてです。
右のスクロールバーを動かして見ると、ずいぶんたくさんの語句が登録されていますね。これで9万語(実際に数えてはいませんが…)ですから、50万語ってすごい語句の量ですね。
ところどころ左に赤いマークがついた語句があるかもしれません。この語句が「バックアップ辞書」にはない「ユーザーがカスタマイズした語句」です。たぶんこの時点では、入力音は空欄だと思います。

さて、「つづり」のところに任意の語句を打ち込むと、その語句が「アクティブボキャブラリ」になっていれば、一覧の一番上に表示されます。
ここに表示されない時は辞書にない語句なので、さっそくその語句を登録しましょう。右の「入力音」に読み方を入力し「追加」をクリックします。
また、表示はされていても、入力音が空欄の場合には、同様に「入力音」に読み方を入力し「追加」をクリックします。
入力音を入れたために、同じ語句で入力音が空欄の語句と重複した時は、入力音がないほうの語句を削除しましょう。
その語句をクリックして反転させ、さらに「削除」をクリックします。

これで、その語句(つづり)と読み方(入力音)は「アクティブボキャブラリ」に登録され、晴れて認識・変換の候補になりました。

ただしドラゴンスピーチは、その新しい語句の用例・用法がまだわからないので、さらに数度「修正」が必要になるかもしれませんが、やがてきちんと認識・変換されるようになるはずです。

これを繰り返していきますと、繰り返すたびに認識率がどんどん高くなってくるのが実感できると思います。

ですから、修正の際に「あぁ、この語句は「バックアップ辞書」には無さそうだなぁ」と思ったら、その場ですぐに「単語」→「単語の表示/編集」で「ボキャブラリエディタ」を開き、入力音とともに登録してしまうのが良いと思います。そのほうが二度手間にならず、ドラゴンスピーチをすばやく鍛え上げることができます。

ドラゴンスピーチが、ユーザーの使用状況を学んでしまえば認識率は相当高くなります。それまでは辛抱しながら、そして楽しみながら、びしびしとドラゴンスピーチを鍛えまくりましょう。

皆さん、がんばってみてくださいね(^。^)

次回は何について書こうかなぁ…

|

« 突然ですが… | トップページ | ドラゴンスピーチの認識率の上げ方(ボキャブラリビルダー編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148756/7034974

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンスピーチの認識率の上げ方(ボキャブラリエディタについて):

« 突然ですが… | トップページ | ドラゴンスピーチの認識率の上げ方(ボキャブラリビルダー編) »